2009年12月04日

日本人は真面目すぎる

最近、早起きに挑戦しているのですが、朝起きてなにか温かいものを
飲みたいなぁ〜って思って、コーヒーを落としたりしていたのですが、
コーヒーは会社でも飲めるし、いつもあまり飲まないものを飲もうと
「ホットレモン」とか「ほっとゆず」とか「紅茶」とか試しています。

今日冷蔵庫をのぞいたら、夏に勝った、ネスレのアイスにとかして
飲むなんていうんでしょうか、圧縮したものが残っていて、普通に
お湯にとかして飲みましたが、お湯でもOKです。味に問題はありません

2009-12-04 06.17.58.jpg


スキースクールにいた頃、食堂に自分で入れるお茶のサーバーとか
ありますよね、温かい「お茶」とか「お湯」とか、押すと、プラスチッ
クの湯飲みに一杯丁度はいるサーバーです。

ある時、私の向かいに座った、他のスクールから派遣されてきた、多分
ドイツ人の方、レッスンが終わって、ルンルン♪という感じで、お茶の
サーバーにいき、ポチっと押して、一杯分持ってきました。手には、
お茶サーバーの近くにあった、コーヒー用の、ミルクと砂糖、ご丁寧に
スプーンまで持って、砂糖を入れて、くるくるとスプーンで回し、次は
コーヒーフレッシュを、思わず、私は、その一杯分の湯飲みに
入った、中のものを、確認しに、席を立ってのぞきにいきました。

・・・・やっぱり、「お茶」でした。

そうか、、、いくら、tea の感覚でも、それ、日本茶だよ。薄いけど
そうゆう、飲み方もあったのか、と、感心したというか、納得したと
いうか、面白いできごとでした。

なので、アイス用って書いていても、お湯でもOKなのです。


posted by menmi at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 思い出した事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

確定拠出年金にとりつかれています

おはようございます。
締めの作業に入らないといけないのに、年末調整作業も含めて、
ちょっと、パニックぎみの私です。

さて、前回フォーサイトさんの記事に触発されて、書いてきました
「確定拠出年金」ですが、また、私の理解不足がある事に、気がついて
しまいました。

いや、もう「確定拠出年金」には興味がないから、いいよ、とおっしゃ
るかた、いえいえ、個人で責任をとる時代が、もうそこまで来てますの
で、聞いておいて、損はないと思いますよ。

今日は、昨日言っていた、資料を見直ししていて勘違いをしていた点を
発見してしまいました。「企業型」と「個人型」ですが、窓口の違い
ではなく、負担する側の違いでした。また、訂正してお詫びもうしあげ
ます。そして、これ以上の訂正がない事を・・・。

読んで字のごとく、企業型は、企業負担、個人型は個人負担です。
それから、税制のメリットですが、今年は5万円とか書いてしまいまし
たが、スミマセン、年額216.000円まで全額所得控除が受けられます。
来年2010年からは、さらにUPして年額276.000円です。

なぜ、5万円と勘違いしてしまったかと言いますと、生命保険料控除の
個人年金保険料の金額と思い込んでいました・・・。まったく所得控除
の種類が違っていました。

しかし、企業が負担してくれていても、個人で負担しても、運用責任は
自分にあるので、将来受け取る年金額は、一律ではないということを
お忘れなく。。。

プールでいうと、流れるプールでプカプカと浮いていたのが、JALで
水がなくなったから、浮けなくなってしまって皆困っています。

私は、バシャバシャと泳いで、自分で向こう岸まで、渡りたい。たとえ
プールの水がなくなっても、それが、自分が足を引っ掛けて底にある栓
を抜いてしまったとしても。。

と思ったので、熱く書いてしまいました。

小さい会社にお勤めの方も、個人型で自分で掛けるメリットもあります
ので、まだ加入してない方は、是非担当者にお願いをしてみて下さい。



posted by menmi at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

昨日の記事の補足と修正です。

人に説明するのって、難しいですよね・・・。
昨日の記事内で、私が使った言葉で、企業型と個人型という表現を
しましたが、表現方法が間違っていることが、わかりました。

確定給付年金・・・・・企業で運用し退職後に分配している年金
確定拠出年金・・・・・401kとよばれている個人責任で運用する年金

で、「企業型」「個人型」というのは、

確定拠出年金の中で、

・企業型・・・企業が負担して、取り扱い店や銀行等に収める仕組み
・個人型・・・個人が負担して、取り扱い店や銀行等に納める仕組み

でして、負担する人がだれなのか表現で使うのが、企業型、個人型
ということでした。

訂正してお詫びもうしあげます。記事の内容も、訂正いたしました。

企業型、個人型どちらにしても、企業の登録が必要となります。そして
今までと大きく違うメリットは、年金をポータブルできるということ
すなわち、転職しても次の会社で、一からかけるのではなく、継続でき
るという事です。それと、会社を退職して主婦になった方も、継続でき
ます。

それと、所得控除があることです。

来年からの給与所得控除の金額は・・・すみません資料を家に忘れてき
たので、また後ほど・・・。

気になったので、とりあえず、訂正を先にしました。


posted by menmi at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Foresight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

到来!個人で責任運用をする時代

フォーサイトは、新潮社さまよりご献本いただきました。
ありがとうございます。

cover_0912.jpg

Forseight 12月号
表紙の写真は、写真史に残る名作を発表し続けているマグナム・フォト
会員がイエメン共和国で黒いイスラム教徒の装束で農作業へと向かう若
い女性達を1997年に撮影

今月のテーマは
・「次なる火薬庫イエメンの現在」

いつも、雑誌のテーマに沿わない内容でレビューを書いているような
気がします・・・。出版社の皆様、申し訳ございません・・・。

私が注目したのはこの記事
・企業年金で「日本版401k」の使い道

先日、確定拠出年金をお勧めさせていただき、その後の続きを書こう
書こうと思いつつ、なかなか、書けなかったのですが、なぜお勧めなの
かををお伝えできる記事があったので、この記事に注目してみました。

今世間を騒がせている日本航空JALも年金に、日本版401kを導入し
ていたら再建はやりやすかっただろうと本誌は語っています。

そもそも、企業年金ってどのような仕組み?なんでJALのOBはもめてい
る?なぜ、JALは経営がくるしいの?と私は思っていましたが、テレビ
から入ってくるニュースを耳で聞くぐらいで、さほど気にとめていませ
んでした。この記事を読んでなるほどと納得していましました。

どう、納得したかと言いますと、ちょっと走り書きしたメモの写真を・・・

2009-11-27 17.21.06.jpg


企業年金は、国民年金、厚生年金、企業年金と、三階部分の年金のお話
で、JALのOBには年4.5%運用する約束で積立していました。20年国債の
金利が2%の時代には、ぼぼ不可能な数字です。それで約束を果たすの
には不足部分を企業側から負担する以外に方法はありません。その積立
の累積が、約3300億と言われています。ただでさえ、経済が冷え込んで
いるなか継続してくには、大変です。それで、OBの方々に、支給率を下
げる交渉をしているようですが、もめていますね。

これは、JALの話だけではなく、去年のリーマンショック以来日本企業
で積立が不足している金額は約13兆円にものぼるそうです。
ですから、現在注目されているJALだけのお話ではないわけです。

昔の約束を守れなくなったから、年金が下がるのと、個人の運用の仕方
が悪くて受け取る年金がすくないのと、皆様どちらだと納得されますか?


私は後者です。

とはいえ、この確定拠出年金の歴史は浅く、スタートといっても規制緩
和の流れを受けて、2001年に解禁され、2006年度末導入している企業数
は約9000社で加入者数は、290万人 2009年3月末で、加入企業は1200社
で、加入者数は330万人と、伸び悩んでいるのが、現状です。


しかし、本誌には、今後日本企業が世界で飛躍するために、国際会計基
準にしようという、動きになっているので、いずれは、企業年金をかけ
ている人々も、会社の事情で確定給付年金から確定拠出年金への変更を
余儀なくされるだろうと語っています。

もし、あなたの会社で、年金の選択肢が、確定給付年金と確定拠出年金
どちらかの選択肢があるのであれば、今から個人で責任をとれるよう、
確定拠出年金にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
また、確定拠出年金の対象企業でない会社で働いていらっしゃるのであ
れば、総務にお願いして、対象企業の登録をしてもらいましょう。

年末調整時に給与所得控除があり。来年からさらに控除額が増額されま
す。ならば、少しはは、損失を出しても授業料!と思いましょう。まず
は自分で運用できるようスタート地点に立ってみましょう。

posted by menmi at 17:38| Comment(0) | TrackBack(1) | Foresight | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

ブログを創めて1年がたちました。

最初は継続する自信がなかった、ブログも、はや一年がたちました。
これも、このつたないブログを購読してくれている皆さまのおかげ
です。

最初の頃は、自分が他の人のブログの旅に出たときに、さっと流し読み
をしている人だったので、長々と書いても、読んでいただけないだろう
とおもいつつ、「書く」ということが、得意ではありませんので、
短く、短くと思って、書いていましたが、最近自分でもおどろく、
ぐらい、一年前より長文ですね・・・。

私は、他の方のブログを拝読するときに、どんな人がお書きになって
いらっしゃるのだろう?と思って、プロフィールを真っ先に拝見します。
なかには、どこにプロフィールが書いてあるんだろう?って思うブログ
もあったりしますがやはり、書いている人に興味を持ちます。

そこで、私も自分のプロフィールの事を、もう少し詳しくお話しよう
と、思いました。

年齢は、ブログパーツにも、載せているので、計算していただければ
おわかりになると思いますが、卒業した高校から、卒業20周年記念の
お知らせが来て、卒業した学年全員規模の同窓会があり、うれしくも
ちょっと、おばさんになった自分をさらけだすのが恥ずかしくもあり、
気持ちは複雑ですが、楽しみにしている次第です。

ブログでも、何度か書かせてもらった事はありますが、小さい頃から
ミニバスケットボールに所属する機会があり、高校3年生まで、実に
10年間、バスケの恩恵を受けさせていただきました。
国体や、インターハイにも出場させていただいた経験があります。

高校を卒業後は、大学からもお誘いはあったのですが、バスケだけの
人生では、つまらないと思い、他のスポーツにも挑戦してみたいと
思っていた事もあり、体育の専門学校に、2年間行かせていただき、
ました。社会体育といって、マルチなインストラクターを目指し、
専門的ではなく、なんでもできる万能な人養成所のようなところ、
でした。スキューバーや、エアロビクス、野外活動、レクリェーション
水泳、テニス、そしてスキーに出会い、私は就職せずに5シーズン
雪山の世界へ・・・。と言いましても、関西圏のスキー場なので、
本当、シーズンはとても短いもので、トータル10カ月程度のお話です。
よく、思い出した事に出てくるスキーの話は、一緒に働いていた、
ニュージーランド人とのエピソードや、同じ年頃の学生さんの話が
多いですね。

SAJ1級を獲得し、指導の道に行きたいと思いつつも、そろそろ、
真面目に働かないと、いけないのでは?と思い、今の会社で働いて
14年・・・。立ち上げの頃から、たずさわらせていただき、最初3人
でスタートした、会社も約5年で年商10億に・・・。そこから人が増え
やっと、組織作りが始まり、毎日頭を抱えている日々を送っていると
言うわけです。

プロフィールの絵は、私が23歳ごろ、まだまだ、夢見る少女で、
長身だったので、モデルクラブにでも入ってみよって思って、その頃、
お知り合いになった、写真家の方に、大阪中之島公園で、とっていた
だいた、わたしのお気に入りのショットをもとに、プロフィール用に
絵を描いてもらいました。とても気に入ってます。写真は、もう少し
読んでいただけると、出てきます(笑)

モデルクラブをやめた後、インターネットでお知り合いになった、
「マイク・ミカエル」さんという方が、デジタルフレームを作ってくれ
て、遊びで、闇バージョンを作ってくれました。マイクさんありがとう
仕事が多忙だったり、結婚したりで、一端インターネットの世界から
遠ざかっていたので、今は連絡とっていませんが、このブログを
見かけたら、是非、ご一報を!

yami.jpg
闇バージョン


今まで、表に出した事なかった、光バージョンも、この際出しちゃえ
ってことで、思い切って掲載してみる事にしましたが、15年も前の
写真と、いう事を、皆さまお忘れなく・・・。

hikaru.jpg
光バージョン

なんだか、グラビアアイドルが、どんどん露出していく気持ちが、
なんとなく、わかるような。。。いえこれ以上の露出はありませんので。

ハンドル名は、幼少の頃からのあだなで、バスケをしていた頃の、
ニックネームもありますが、地元に帰って来た頃、昔から知っている
友人に、昔とかわりなく、そう呼ばれて、とてもほっとしたので、
こちらの、ハンドル名をずっとインターネットの世界では使って
います。同じハンドル名の方も、たくさんいらっしゃるようですね。

今は、H18年に生まれた息子と、いつも私のワガママをきいてくださる
旦那様と、幸せに暮らしています。

ざっと、menmi`s ヒストリーは、綺麗なところばかりを書けばこう
なりました。

もうすぐ、人生折り返し地点です。まだまだ、半分、もう半分?
今後も、このような私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。


posted by menmi at 21:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高い知、高知。エンジン01

高知で開催された、エンジン01文化戦略会議に行ってきました。
エンジン01ってなに?と思っていらっしゃるかと思いますが、一言で
いうと、文化人のお祭りという、印象を受けました。

2009-11-30 05.25.54.jpg

写真は、日本一本が売れているお二人、茂木健一郎さんと勝間和代さん
の、坂本龍馬とその奥様のおりょうさん

プログラムが、学校の時間割にみたてられて、約40クラスあります。
放課後というものもあり、夜学といって、歌手で言うディナーショー
のごとく、夕食を食べながらの時間割もあります。
ミュージカルもあったりして、普段とは少し違った文化人の方々の姿
が拝見できるようです。

私が受講したのは、
・「日本改造自慢」
露木茂/勝間和/代西川りゅうじん/波頭亮/岸本周平

・「龍馬こそ次期首相?日本の政治家論」
秋尾沙戸子/石川好/森本敏/岸本周平

・「クラッシック版スター誕生!プロが審査します」
真鍋恵子/池田卓夫/三枝成影/千住明/横山幸雄

の合計3時限です。

もともと、機会があれば、勝間和代さんのお話を生で聞いてみたいと
思っていまして、高知県なら、近いのでチャンス!と思って、申込を
したもので、他の2講座は、一緒に行ってくれた方に、他に受けたい
講座がありますか?とうかがったところ、申込地点では、3/4ぐらいは
チケットは完売してしまっていましたが、上記2講座を受講したいとの
ことで、私もご一緒させていただく事になりました。

「日本改造自慢」で、生で勝間さんを拝見させてもらいましたが、
おっしゃる内容は、メディアや、ブログでいつもおっしゃられている
事でしたが、他の参加者の方々との、対話の中で、話のトランスレー
ターをしてくれるのと、必ずご自分の言いたい事に、話を持っていく
技術に、感心させられてしまいました。

後、講座終了後、チャンスがあれば、サインをいただこうと狙って
いました。もらっちゃいました。サイン。もともと予定をしていた
ものではなかったので、5人ぐらいしかもらえなかったのですが、
皆さん後に30人ぐらい、並んでいらしゃいまして、やはりすごい人気
なのだなぁ、と思った次第です。


3rz.jpg


皆さん、何の本にもらったと思いますか?


天才!  成功する人々の法則

天才! 成功する人々の法則

  • 作者: マルコム・グラッドウェル
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/05/13
  • メディア: ハードカバー




こちらの私のお気に入りの本にいただきました。

後の講座もとても有意義で、楽しく受講させていただきました。
来年はどこで開催されるかわかりませんが、機会があれば、是非皆さま
も行ってみてください。
posted by menmi at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 私事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

ツイッター、今を楽しもう

レビュープラスさんから、ご献本いただきました。
ありがとうございました。


ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)

ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)

  • 作者: コグレ マサト
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/10/09
  • メディア: 新書




私のブログパーツにも、「twitter」という、ガジェットを貼ってい
ますが、何これ?と思っていらっしゃる方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか?私には、生活の一部と化してしまった、ツイッター
こちらの本のレビューに選任されたとき、これは丁寧に紹介しなければ
とおもいました。

知り合いの方や、お店の人にツイッターの話をしても、なかなか、その
楽しさや、メリットを想像することが難しいようです。ツイッター
事態を知っていて、アカウントをとっていらっしゃるかたも、「何が
楽しいの?」という声をよく聞きます。それもそのはず、私も最初は
そうでした。アカウントをとって、ログインしても、ぽつーんと、広い
草原に一人放り出された気分でした。「いまどうしてる?」の問いか
けに、一人で最初につぶやくのには、勇気がいりました。そんな、開店
休業の状態で、私もいったいなんだろうこれは?何が楽しいんだろう?
って思っていた心情は、皆さんとかわりありませんでした。

ツイッターは、140文字という、文字制限があります。しかし、皆さん
携帯でメールを送受信している文字数って、どうですか?せいぜい多く
ても100文字ぐらいではないでしょうか?携帯メールは、個人宛ですが、
ツイッターは、自分のステイタスをつぶやく、これによく似た事を、
日本人は昔から、やってきたではないですか、俳句や短歌です。
俳句は、5・7・5 短歌は、5・7・5 7・7 つぶやきは、それ
にとてもよく似ていて、上の句をつぶやけば、それで終わりの時も
あるし、下の句がそれを、今同じ時間で同時に時間を共有している人
から返ってくる事ある。また、読み返しの句が、時間が経過した後にも
返ってくる事もあります。

インターネットは、デジタルの世界です。しかし、デジタルの向こう側
には、人がいます。それが、インターネットの醍醐味で、今このブログ
を読んでくれていらっしゃる方も、私の事をどんな人だろう?と想像
しながら、読んでいらっしゃるのではないでしょうか?
その、相手の事を想像させる部分については、同じですが、ブログより
ツイッターの方が、もっと身近に感じさせられる、今気にとめている
人が、今何をしているのかが、つぶやきを読むことで手にとるように
わかってしまうのです。だからって、必ずしもメールのように、返事を
する必要性はない、返事を返したい人だけが、返せば良いし、気になる
つぶやきだけに、返せばよい。それがツイッターなのです。

さぁ、あなたもツイッターを始めましょう。アカウントをとって、
ログインしたら、オススメユーザーをフォローして、私もフォロー
してみてください。最初はながめているだけでもよいです。しばらく
して慣れたら、フォローする人を、50人に増やしてみてください。

そうすると、世間のざわつきがわかるようになります。
後は、今を楽しんで、小鳥のさえずりのように、チュンチュンと、
好きなことを、発信すればいいですから!

きっと、ツイッターのことをもっともっと、知りたくなる日がやって
くる。そんなときは「ツイッター140文字が世界を変える」を是非開い
てみてください。




posted by menmi at 06:30| Comment(2) | TrackBack(0) | R+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

人の気持ちを読み解こう

私は、思春期にアメリカにホームスティに行かせていただきました。
自分の目で見て、考えて、体験する事って、素敵で楽しいと思い、
その後、近所の後輩に、アメリカに行こうかどうしようか迷っている
と相談され、是非行くべきだって、自分の父親と、相手の父親のいる
前で、おススメした事があります。

しかし・・・・。家に帰って、父に言われた。
「あなたは、あの子の親の気持ちを考えた事があるか?」と

猪突猛進で、自分が良いと思った事を、バリバリ薦める。
これが、私・・・。背中を押して押して、押しまくる・・・。
これも、私・・・。

また、もっと小さい頃、父の友人の背の低いおじさんに、
「ちっさいおじさん、私はぜったい、ちっさいおじさんより、大きく
なってみせる。」といって、父にその時も、とても後で怒られた。
「言われた人の気持ちに、なってみろ」と・・・。

自分の思ったことを、すぐに口にしないと、気がすまない、
これも、私・・・。

周りの気持ちなんておかまいなし、なのでしょうね。

先日、時計に電池を入れてもらおうと、お店に預けました。
この時計は、以前働いていた会社の同僚さん達から、お誕生日に
いただいた思い出の時計。何度も電池を入れ替えて使わせて
もらっています。

電池交換から帰ってきた。早速袋から出してみると、バンドが
ブラブラで、触ったら切れてしまいました。

2009-11-23_20.09.53.jpg
続きはこちらデス。。
posted by menmi at 13:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 思っている事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

創刊4周年記念号 「宇宙人」的NIPPON

「レビュー+」さまよりのご献本をいただきました。
ありがとうございます。
また、クーリエジャポン創刊4周年おめでとうございます。
編集長古賀さんが、どのような思いで創刊されたのかが、最初の
目次にあり、私たちの生きている世界が大変狭いものであると
気がつかされた思いです。
それから、編集長様の色黒さも、なるほどと納得させられた、読者
への手紙も、ありがとうございました。

1281681406.jpg

「クーリエジャポン12月号」
・大特集「世界が見た日本」
・ウォール街の破綻から1年金融危機とは何だったのか?

前回10月号もご献本いただいた、クーリエジャポン11月号は、
当選しなかったので、購入しました。
12月号のご献本ありがとうございます。

クーリエジャポンは、世界中の雑誌、新聞を集約し、日本の目線で
今世界がどのような状況下にあるのかが、よくわかる内容となって
います。

・今月号の大特集「宇宙人」的日本
世界から日本を代表する有名人がどのように、見られているのか、
また、人に加えて、日本が集団化したときに、何がすばらしいと
思われているのかを読んで、改めて違う角度から日本を見ることが
できました。
なるほど、世界中の人を魅了している、「日本の漫画」ガンダムは
海外でも、プラモデルは大人買いがされているようだ。

私が経験した、外から見た日本でインパクトに残ったお話をします。
国内でスキーのインストラクターをしていた頃、一緒に働いていた、
ニュージーランドから来たスタッフで、リーダー的存在だった、
ディーンは、いつも午前のレッスン終了後、昼食をとって集合時間
までの時間、一般の日本人の観察をしていた。彼の楽しみの一つの
ようだった。何を見ているのか聞いてみると、日本人は昼食の片づけ
を、必ず女性がする。なぜだ?女性は笑う時、口を押さえて笑う、
スマイルはとても美しいのに、なぜ隠す?と言っていた、日本人の女性
としては、あたりまえだと思って知らず知らずに身についていた習慣
の事を、不思議に思っているという事がわかった。

私の勤めている会社は、小さいながらも海外から商品を輸入している。
本誌の中で、「クイズで世界を読み解く!」というページがあり、
中国、インドに次ぐ経済成長の著しい国は?という問題で、みごと
新しく取引の始まった国の名前が、あがっており、経営陣の方向性が
間違っていない事に、安心したりしています。

今後日本はもっとグローバルに飛躍してゆくなかで、己を知るのに
ふさわしい雑誌だと、私は思いいつも楽しく読ませていただいて
います。

posted by menmi at 06:18| Comment(2) | TrackBack(0) | R+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

ハローワーク

最近忙しくてなかなか、ブログもアップできません。
いや、楽しい忙しさならば、続々とアイデア、ヒラメキがあり
思ったことをすぐに、言わないと気がすまない性格なので、
アップもできるのでしょうが、こう景気が冷え込み、厳しい世の中
になりつつある情勢で先が暗くて暗くて、精神的に疲れてしまい
ます。。。

さて、今日ハローワークから、人材募集の企業は、登録をお願い
します。という案内をいただきました。

残念ながら弊社は、登録できず・・・。今人があふれているので
人材確保のチャンスです。と歌い文句までついていました。

そう、雇用がない今、良い人材を確保できるチャンスだと考えますが
残念ながら、今までハローワークを通じて面接をしてみても、あまり
良い人材にめぐり合えなかったのです。

唯一、トライアル雇用で入社した人が、お互いトライアルのお試し
期間を終えて、働いていただいています。

雇用の担当者から見ると、ハローワークから応募いただく方より、
インターネットの公募から、応募いただく方の方が、圧倒的に、知的
財産が高いように感じます。



posted by menmi at 16:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。